学科対策について

【信号】勘違いしていませんか? 信号の種類と意味。

おはにちばんは!かめちゃんです。

今回のお題はズバリ『信号の種類と意味”前編”』です。

信号は交通社会の中ではなくてはならないもの。従わないといけないものになります。

あなたは普段見ている信号。色の配置覚えていますよね?

では問題です。ジャジャーーーン!!

Q.信号機は左から何色でしょう?

またいきなり・・・

答えを考えながら見てみてください。

それでは参ります。

信号の種類・意味

さてここでは信号の種類と意味について書いていこうと思います。

あなたは信号に何色の灯火があるかはご存じですよね?

青色の灯火

  • 歩行者・・進むことができます。
  • 車(軽車両は除く)や路面電車は・・直進、右折、左折することができます。ただし二段階右折をしないといけない原動機付自転車は右折する地点まで直進し、その地点で向きを変え、進むべき信号が青になるのを待ちます。
  • 軽車両・・直進、左折することができます。右折に関しては右折する地点まで直進し、その地点で向きを変え、進むべき信号が青になるのを待ちます。

勘違いしないでもらいたいのが青色の灯火は『進め』だと思っている人が多いということです。

ここに文字を入力してください

えっ?青って進めじゃないの?

青色の灯火は『進め』ではなくて『進んでもよい』ということです。

『進め』だとどんな状況でも進め。緊急自動車が来ていても進めですよね。

そうではなくて状況がよければ進んでもよいという意味なのです。

ここはしっかり覚えておいてくださいね。

黄色の灯火

次に黄色の灯火についてです。

  • 歩行者・・横断を始めてはいけません。横断中の場合は速やかに横断するか、横断をやめて引き返さなければいけません。
  • 車や路面電車・・停止位置から先に進んではいけません。しかし黄色の灯火にな変わった時に停止位置に近づいていて、安全に停止できない場合はそのまま通行することができます。

あなたは黄色の灯火はどのように習ったのを覚えていますか?

結構な人が「注意して進め」と答えます。

それも勘違いです。

黄色の灯火は基本的に止まれです。しかし停止位置に近づいていて、安全に止まれないのならそのまま進んでもよいというだけです。

安全に停止できない場合・・停止することにより、急ブレーキになり。追突、スリップ、転倒、同乗者に危険を与えることが予測される場合の事を言います。

ここもしっかり覚えておいてくださいね。

赤色の灯火

最後の赤の灯火ですね。

  • 歩行者・・横断してはいけません。
  • 車や路面電車・・停止位置をこえて進んではいけません。

もう赤の灯火では停止位置をこえてはいけない。その一点です。

しかしこのような場合もあります。

交差点ですでに左折している車や路面電車・・左折方向の信号が赤でもそのまま進むことができます。

交差点ですでに右折している車や路面電車・・右折方向の信号が赤でもそのまま進むことができます。この場合その車や路面電車は、青色の灯火に従って進んでくる車や路面電車の進行を妨げてはいけません。

ここまでで種類と意味についてお話しました。

それでは次に・・・おっと!!最初の問題の答え合わせしていないですね。

これが答えの画像になります。

あなたは当たっていましたか?一瞬考える人もいたのではないですか。信号は交通社会の中で必要不可欠です。しっかり覚えましょう。

そのほかにも。

青い灯火の矢印

車・・矢印の方向に進むことができます。(転回も可能です)しかし右向きの矢印の場合は、二段階右折方法により右折を行う、原付・軽車両は進むことができません。

黄色い灯火の矢印

路面電車・・矢印の方向に進むことができます。

ここは結構間違いやすいところです。黄色の矢印は路面電車用なので間違えないようにしましょう。

黄色の点滅信号

歩行者、車、路面電車・・他の交通に注意して進むことができます。

赤色の点滅信号

  • 歩行者・・他の交通に注意して進むことができます。
  • 車、路面電車・・停止位置で一時停止し、安全を確かめた後に進むことができます。

ゆっくり進めば大丈夫だと思っている人がいるので注意!

時間によって点滅信号に変わる場所もありますので、あなたの住んでいる地域の信号を確認してみてください。

新しい発見に繋がるかも。

まとめ”前編”

信号は一つの灯火をとっても、意味が少し細かいものがあります。意味を勘違いしてしますと大変なことになるかもしれないので、しっかりと理解しておいてください。

いかかでしたか。少し長くなりそうなので”前編”と”後編”に分けたいと思います。

次回は『特定の交通に対する信号』『手信号』『停止位置』について”後編”で書いていきたいとおもいます

それではまた次の記事にて〜

ABOUT ME
かめちゃん
かめちゃん
かめちゃんと申します。 微力ながら皆さんのお力になれる記事を書けたらなと思っております。 今は『プログラミング、読書、ブログ』に主な時間をかけております。 この出会いも何かの縁でございます。 色んな事に興味あります。よろしくお願いします。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。