学科対策について

【踏切について・前編】3原則!踏切の走り方を学ぼう。

踏切の走り方

おはにちばんは!かめちゃんです。

今回の記事は【踏切の通過方法】を書いていきたいと思います。

【踏切】3原則

踏切には通過する際にやらなければならない事があります。

3原則
  • 止まる
  • 見る
  • 聞く

細かく見ていきましょう

  • 止まる:踏切の直前(停止線があるときは、その直前)で一時停止をします
  • 見る:左右を確認し、電車が来てないかの確認をします
  • 聞く:窓を開けたり、ラジオなどを音量を下げて、しゃ断機の音や電車の音を確認します

さらに

  • 信号がある場合は信号に従って通行することができます。(青信号であれば一時停止せずに通過できますが、安全を確かめなければなりません)
  • 一方から電車が通行しても、その直後に反対方向からの電車が近づいてくることもありますので、十分注意してください。
  • 前の車に続いて通過する時も、必ず一時停止をしなければいけません。

まずは三原則を覚えましょう。

これを忘れてはいけません。

 警音器、しゃ断機による進入禁止

  • しゃ断機が鳴っているときや、しゃ断機が降りていたり、降り始めている時は踏切に入ってはいけません。
  • 踏切の向こう側が混雑していて、そのまま進むと踏切内で動きが止まってしまうおそれがある時は、踏切の中に入ってはいけません。

その他の注意

  • しゃ断機にさえぎられてる場合:そのまま進んでしゃ断機を押し上げます。二輪車は手で押し上げて脱出します
  • 幅の狭い踏切:無理な行き違いをすると、落輪などの危険があります。対向車を先に通してから進入しましょう
  • 踏切の先が交差点になっている場合:踏切内で停止する事のないように、交通状況を確認してから進入しましょう
  • クレーン付きの自動車や大型車などに背の高い荷物を載せている場合:架線に引っかからないように高さを確かめてから進入しましょう

 

低速ギアで中央寄りを進行

踏切内では、エンストを防止するために変則しないで、発信した時の低速ギア(ギア1)のまま一気に通過するようにします。

また落輪しないようにやや中央寄りを通りましょう。

一気に通過:速度を出して通過ではなく、踏切内で停止したり、ギアの切り替え失敗でエンストして立ち往生したりしないように、発信時のギアのまま一定の速度を保持して通過する事。

 歩行者などに対する注意

踏切内は路面の状態が悪かったり、幅が狭かったり、混雑したりして危険な場所です。

歩行者や対向車に十分注意しながら安全に通過しましょう。

まとめ

ここでは踏切のお話していきました。

踏切がない地域もあるかと思いますが

車を運転するにあたって必要な知識なのです。

まずは3原則

旅行などで他の地域を運転した際に旅行先で事故にでもあったら最悪です。。

しっかり覚えておきましょう。

【体験談】 ~踏切通過で恥をかきました~

上京して始めての踏切通過(バイク)

あれは鎌倉の踏切でした

自動車学校で習ってはいたのですが。。

その時には忘れてました

一時停止せず、一気に通過(意味が違う)してしまい

他の車はちゃんと止まっていたのに

通過先にはなんと警察が・・

何とか他県から来たということで注意で済みました。

あの時は本当に恥ずかしかった

この記事をお読みの方はもう大丈夫。

一人でも恥をかく人が減ってくれれば幸いです。

ではまた次回の記事にて~

ABOUT ME
かめちゃん
かめちゃん
かめちゃんと申します。 微力ながら皆さんのお力になれる記事を書けたらなと思っております。 今は『プログラミング、読書、ブログ』に主な時間をかけております。 この出会いも何かの縁でございます。 色んな事に興味あります。よろしくお願いします。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。