法改正など

【要注意】運転中の携帯電話!ながら運転の罰則・罰金が強化されたのでおさらいしましょう

おはにちばんは!かめちゃんです。

2019年12月1日に施行される「運転中の携帯罰則強化」について解説します。
最近新聞やネットでもよく目にしますよね。

どう変わるかというと、罰金・違反点数ほぼ3倍になります。
さらに、免許停止や免許取り消しになる可能性もあるようです。

では具体的どのように変わっているのかを見ていきましょう!

どう変わったのか

携帯電話使用等 改正前 改正後
交通の危険を生じさせた場合※1 [罰則]

3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金

[違反点数] 2点
(酒気帯び 14点)

[反則金]

普通車 9,000円 等

[罰則]

1年以下の懲役又は30万円以下の罰金

[違反点数] 6点➔免許停止
(酒気帯び 16点)
免許取り消し

【非反則行為※2となり、すべて罰則が適用される】

携 帯 保 持 [罰則]

5万円以下の罰金

[違反点数] 1点
(酒気帯び 14点)

[反則金]
大型車 7,000円
普通車 6,000円
二輪車 6,000円
原 付 5,000円

[罰則]

6か月以下の懲役又は10万以下の罰金

[違反点数] 3点
(酒気帯び 15点)
➔免許取り消し

[反則金]
大型車 25,000円
普通車 18,000円
二輪車 15,000円
原 付 12,000円

※1…運転中にスマートフォンなどを使用していて交通事故などの危険に結びついた場合
※2…酒気帯び運転や無免許運転、無車検運行、大型自動車等無資格運転など、交通反則通告制度の適用を受けない重大な行為

2019年12月1日からはこのように変更になりますので気を付けてください。

どのようなことがダメ?

基本的に動いてる時はダメです!

少しでも動きながら操作や画面を注視してしますと「ながら運転」になってしまいます!!

ながら運転とは

運転に関係のない行為をしながら運転をすることです。

運転中の不注意行動全般を指すため脇見運転も含まれますが、昨今はとくにスマートフォン操作をしながらの運転に関する注意喚起が広がっています。

スマートフォンやカーナビを操作するのはもちろんのこと、画面を注視したりチェックしたりするのも、ながら運転に含まれます。
自動車が約60kmで走行する場合、2秒間の間に約33.3m進みます。

「一瞬だけスマートフォンを操作しよう」と考えているつもりでも自動車は着実に進み、思わぬ事故に繋がってしまうのです。

信号待ちは?

信号待ちについても、”当該自動車等が停止しているときを除き“【第七十一条五項の5の一部(抜粋)】という文章があります。

車両が完全に停止している状態であれば、操作や通話は違反ではないという解釈になりますが、

しかし取り締まりの現場では、

いつ信号が変わるかわからないので、すぐ発進できる準備が必要であり、完全な停止とはいえない」と、

取り締まりの対象としているようです。

危険な行為ですのでやめましょう。

ハンズフリーでは?

ハンズフリーについては、警察は「違反ではない」という見解を示していますが、一部の都道府県では条例で禁止している所もあるみたいなので気を付けましょう。

都道府県 携帯電話 禁止年 ヘッドホン 禁止年
北海道 2012年 2012年
青森県 2008年 2008年
岩手県 2008年 2008年
宮城県 2009年 2009年
秋田県 2008年 2008年
山形県 2012年 2012年
福島県 2009年 2009年
群馬県 2001年以前
埼玉県 2009年 2009年
千葉県 2009年 2009年
東京都 2009年 2009年
神奈川県 2011年 2011年
新潟県 2012年 2012年
石川県 2012年 2012年
福井県 2011年 2011年
山梨県 1972年
長野県 2009年 2009年
岐阜県 2009年 2009年
静岡県 2009年 2009年
愛知県 2012年 2012年
三重県 2011年
滋賀県 2009年 1978年
大阪府 2008年 2008年
兵庫県 2008年 2008年
奈良県 2012年 2012年
和歌山県 2009年 2009年
鳥取県 2011年 1992年
島根県 1980年
岡山県 2011年 2011年
山口県 2009年 1979年以前
徳島県 2008年 2006年以前
香川県 2009年 2009年
愛媛県 2009年 2006年
高知県 2009年 2006年
福岡県 2012年 2012年
佐賀県 2011年
熊本県 2009年 2002年以前
大分県 2009年 2009年
宮崎県 2009年 2009年
鹿児島県 2009年 2009年
沖縄県 2009年 2009年

http://www3.grips.ac.jp/~up/pdf/paper2012/MJU12615tanaka.pdf

『〇印』があるのは、ハンズフリーも含めて禁止していると考えたほうがよさそうですね。

自分の都道府県も確認してみてください!!

カーナビの操作は?

“カーナビを操作してはいけない”といった法律はありません。
「自動車に取り付けられた画面表示用装置」の画面を注視することも違反なので、当然カーナビも当てはまります。

目的地設定などをするにしても2秒以上画面をしないと出来ないですので結局違反ですよね!

まとめ

いかがでしたか?
少し長く書いてきましたが、読んでいただきありがとうございます!

これが2019年12月1日に変わる内容になってます。

たかが携帯と思いがちです。

その携帯が原因で起きる事故が多くなっている事実から道路交通法の変更になってます。
2020年には携帯で起きる事故が減っていくように願ってます!

ABOUT ME
かめちゃん
かめちゃん
かめちゃんと申します。 微力ながら皆さんのお力になれる記事を書けたらなと思っております。 今は『プログラミング、読書、ブログ』に主な時間をかけております。 この出会いも何かの縁でございます。 色んな事に興味あります。よろしくお願いします。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。