学科対策について

間違っていませんか?交差点の走り方と右左折の方法!

おはにちばんは!かめちゃんです。

今回は交差点の「左折」「右折」についてお話していきたいと思います。

突然ですがあなたは交差点って聞いてどういうものを思い浮かべますか?十字路、T字路、Y字路などを思い浮かべますよね。

交差点というのは定義として2つ以上の道路が交わる部分をいいます。

まずはそこを覚えておいてください。

交差点「左折」

左折

車は、左折しようとするときは、あらかじめできるだけ道路の左端に寄り、交差点の側端に沿って(矢印などの標示で、通行方法が指定されているときはそれに従う)徐行しながら通行しなければなりません。

  • できるだけ左端に寄せる
  • 交差点の側端に沿って通行

を守り通行する。

左に寄せなければ、、、

  • 左側通過する二輪車や自転車との接触
  • 直進車や右折車の通行の妨げ

になる恐れがある。

左に寄せる理由は・・自転車等の巻き込み防止等

交差点「右折」

右折

自動車は、右折するときはあらかじめできるだけ道路の中央に寄り、交差点の中心のすぐ内側を(矢印などの標示で、通行方法が指定されているときはそれに従う)徐行しながら通行しなければいけません。

  • できるだけ中央に寄せる
  • 交差点の中心のすぐ内側を徐行する

中央に寄せなければ、、、

  • 直進車や左折車が通れない
  • 右側を通過する車と衝突

などの恐れがある。

交差点「右折 一方通行」

右折『一方通行』

自動車は、一方通行の道路から右折するときは、あらかじめできるだけ道路の右端に寄り、交差点の中心の内側を(矢印などの標示で、通行方法が指定されているときはそれに従う)徐行しながら通行しなければなりません。
一方通行では、対向車が来ることはないと考え右端に寄せます。

普通の道路で右端に寄せると対向車とぶつかってしまいますよね。

ここは問題でもよく間違う部分です。

一方通行→右端に寄せる 普通の道路→中央に寄せるです。覚えておきましょう。

ここで出てきた左折と右折なのですが、両文の最初の太字の言葉を思い出してみてください。

左折は「車は・・」右折は「自動車は・・」です。

前回の記事でも紹介した通り「車」と「自動車」は意味が違ってくるので注意しましょう。

では簡単に説明していきます。

「車」という言葉には、電車を除いたすべてのものが含まれていると思ってください。

一方「自動車」には電車はもちろん、「原動機付自転車」「小型特殊自動車」「軽車両(自転車等)」を除いたものを指しています。

詳しくはこちらの記事の目次「3」を参考にしてください!

チャイルドシートの役割について。着け方は前?後ろ?あなたは合ってますか? おはこんにちばんわ!かめちゃんです。 今回は、知ってるようで知らない言葉とチャイルドシートの重要性についてお話...

文の初めの言葉が違っていた理由は「左折」は「車」と呼ばれるものすべて同じ方法で通行します。

「右折」は「自動車」の中の「原動機付自転車」と「自転車を含む軽車両」は二段階右折をしないといけない場合があるからです。その二段階右折についてみて行きましょう。

二段階右折

原動機付自転車や自転車(以降原付等と表記)は標識の有無や車両通行帯の数で二段階右折を行わなければなりません。

しかし二段階右折を行わなくてもいい場合があります。

ではどのようにして見分けていくのか見ていきましょう。

まず原付等には2つの右折方法があります。

  1. 小回り右折方法
  2. 二段階右折の方法

小回り右折

自動車と同じ方法で右折していきます。以下の交差点での右折方法になります。

  • 交通整理の行われていない交差点・・信号がない交差点の事。
  • 交通整理が行われていて、車両通行帯が2以下の交差点・・信号があり。車線が1つか2つある場合
  • 交通整理が行われていて、車両通行帯が3つ以上ある交差点で「右折方法(小回り)」がある場合

二段階右折

以下の交差点では二段階右折をします

  • 交通整理の行われていて、「右折方法(二段階)」の標識のある場合

  • 交通整理が行われていて、車両通行帯が3つ以上ある場合
  • 交差点の近くだけ右折レーン等により、車両通行帯が3つ以上になってるとき

二段階右折については理解できましたか?

二段階右折は知らない人がたまにいるのでしかり覚えておいてください!

捕まった時に知らなかったでは済まないですよ!

まとめ

いかがでしたか?交差点について少しは分かっていただけましたか?

現在事故の半分が交差点で起きていると言われています。

交差点がなくなれば事故は単純計算半分になるということです。

しかしそれはできません。なので1人1人が通行方法への理解が必要です。同時に危険をしっかり理解していかなければならないと思っています。

この記事を読んで頂きその助けになれば幸いです。

ではまた次の記事にて〜

ABOUT ME
かめちゃん
かめちゃん
かめちゃんと申します。 微力ながら皆さんのお力になれる記事を書けたらなと思っております。 今は『プログラミング、読書、ブログ』に主な時間をかけております。 この出会いも何かの縁でございます。 色んな事に興味あります。よろしくお願いします。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。