学科対策について

あなたは知ってますか?車の通行する場所と『路側帯』の意味

おはにちばんは!かめちゃんです。

長らくお待たせしました!!

それでは本題に入ります。

今回のお題は【車が通行するところ】についてお話していきます。

自分がどこを走っていいのか、ダメなのかを学習、復習していきましょう。

車が通行するところ

車道通行の原則と例外

あなたは車が通行するところはご存じですよね?そう【車道】です。

あなたが普段目にする光景として『道路』というのは『車道』と『歩道』『路側帯』に分かれていると思います。

そのような区別のある道路では車はもちろん『車道』を通行しなければなりません。

しかし自転車道や自転車歩行者用道路では自転車以外の車は通行することができません。

歩道、自転車道や自転車歩行者用道路を通行(横切る)する事ができる場合があります。

それが道路に面した場所(道路外に出る)に出入りするときです。

道路外に出る・・歩道、車道すべて足したものを道路。歩道も横切ってその先に行くこと。

例・・駐車場、コンビニに入る等

二輪車を押す場合

二輪車を押して歩く場合には歩行者として扱われます。

なので歩道と路側帯を通行することが可能です。

ダメな場合
  • エンジンがかかっているもの
  • 側車がついているもの
  • 他の車をけん引しているもの

を押している時は歩行者として扱われませんので注意が必要です。

なので故障したときなどは歩道をおして歩きましょう。

軽車両は路側帯を通行することができるのですが、路側帯にも種類があり通行できるものとできないものがあります。確認してみましょう。

路側帯

歩行者と軽車両が通行できます

駐停車禁止路側帯

歩行者と軽車両が通行できます

歩行者専用路側帯

歩行者のみ通行できます

路側帯の変化わかりましたか?

「線」ですね。

間違えないようにしましょう。

歩道のある道路で左端に引かれている白い線は路側帯ではないから注意!

『車道外側線』といいます。線と歩道の間も車道として扱われます。

色んな言葉が出てきました

  • 道路
  • 道路に面した場所
  • 路側帯
  • 車道外側線

に関しては前の記事の題目3で少し解説してますので参考にしてください

チャイルドシートの役割について。着け方は前?後ろ?あなたは合ってますか? おはこんにちばんわ!かめちゃんです。 今回は、知ってるようで知らない言葉とチャイルドシートの重要性についてお話...

左側通行

日本は左側通行なので道路の中央から左の部分を通行しないといけないです。

中央線がある場合も中央線から左側を通行しなければなりません。

中央線は必ず中央にあるとは限りません。

片側1車線、対向車線2車線などの左右非対称の道路もあります。

交通状況(時間)により中央線の位置が変わる道路もあります。

混雑が予想される時間に中央線を変えることで流れをよくするため。

左側通行の例外

以下の場合には道路の中央から右にはみ出して通行することができます。

ただし一方通行の道路を通行する以外は、はみ出し方ができるだけ少なくなるようにしなければいけません。

道路が一方通行になっている時

一方通行なら対向車が来ないので右に寄っても関係ない

道路の左側部分の幅が、車の走行に十分ではない時

狭い道だと大きい車などは1車線に収まらないことがある

工事などのため、道路の左側だけでは通行に十分な幅がない時

対向車線にはみ出さなければ工事区画との距離が確保できない

道路の左側の幅が6m未満の見通しのよい道路で、他の車を追い越そうとする時

標識・標示で右側へのはみ出しが禁止。

対向車を妨げになる場合は追い越しをしてはいけません

こう配の急な道路の曲がり角付近で『右側通行』との標示がある時

左側だけでは通行ができない場所に設けられる

車両通行帯のない道路・・片側1車線の道路

車両通行帯のない道路では自動車や原動機付自転車は道路の左側によって、自転車等の軽車両は左側端によって通行しなければなりません。

しかし追い越しや右折などでやむを得ない場合は必要ありません。

車両通行帯のある道路・・片側2車線以上の道路

二つの車両通行帯のある道路

車は同一方向に2つの車両通行帯がある場合は、左側の通行帯を通行します。

右側は追い越しの為にあけておきます。

3つ以上の車両通行帯のある道路

自動車は同一方向に3つ以上の車両通行帯がある場合は、最も右側の車両通行帯を追い越しの為にあけておき,それ以外の車両通行帯を通行します。

速度が遅い車両が左側、速度が速くなるにつれて右側を走ります。

小型特殊自動車や原動機付自転車は速度が遅いので、やむを得ない場合の他は一番左の車両通行帯を通行します。

標識や表示により指定されている

標識や標示にいより指定されているときは、それに従って通行していきます。

追い越し

車は、車両通行帯のある道路で追い越しをするとき通行している車両通行帯のすぐ右側の車両通行帯を通行しなければなりません。

また追い越しが終わったら、速やかに追い越し車線からほかの車線に戻らなければなりません。

不必要な車線変更の禁止

車両通行帯のある道路では、追い越しなどで場合を除き、車両通行帯からはみだしたり、二つの車両通行帯にまたがったりして通行してはいけません。

車両通行帯をみだりに変えて通行すると、後続車の迷惑・事故の原因になるので同一の通行帯を通行しなければなりません。

みだりに・・正当な理由がないのにという事です

まとめ

車を運転する上でどこを走るのか。それはとても重要です。

車が通行する所は『車道』!

そこは変わりません。車が通行する所を間違えることはあってはならないことです!

しかし条件によっては歩道や路側帯を横切ったりもできます。

歩道や路側帯を横切るというのは歩行者が油断しているところに踏み込むことになります。

踏み込んだ時に注意を怠ってしまうと重大な事故へと繋がりかねないです。

あなたは自分が走るところを理解して安全に正しく走行できるようにしておきましょう。

それではまた次に記事にて〜

ABOUT ME
かめちゃん
かめちゃん
かめちゃんと申します。 微力ながら皆さんのお力になれる記事を書けたらなと思っております。 今は『プログラミング、読書、ブログ』に主な時間をかけております。 この出会いも何かの縁でございます。 色んな事に興味あります。よろしくお願いします。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。